ビジネススキル(初級編)

オリエンテーション スキルのプロファイルを作る

著者:佐久間 陽一郎

「はじめに」
この部では、ビジネスで頻繁に使われる重要な16のスキルの全体像と、それぞれのスキルの定義を学ぶ。その上で、あなたが今、16のスキルをどの程度身につけているかを詳(つまび)らかにする。これをスキルのプロファイリングという。

スタートアップ講座『能力のプロファイリング』を修了された方は、すでに自身のスキルのプロファイルを持っている。だからこのオリエンテーションは読まず、「第1部言語化スキル」に進んで構わない。このスキルの重要性は、『能力のプロファイリング』を読んでいるから分かっておられるはずだ。是非、読んでいただきたい。

さて、スキルには「レベル」という概念がある。完璧にマスターし、ひとに教えることができるならレベル4とする。逆に全くの素人ならレベル0だ。レベル2以下だとアマチュア、レベル3以上ならプロフェッショナルである。今のレベルがどうであれ、プロフェッショナルをめざすあなたの目標は、レベル3以上だ。

めざしているプロフェッショナルの領域により、必要性の薄いスキルもある。そういうスキルは、レベル2で十分だろう。それでもレベル2である必要はある。ビジネスで使わないスキルなどないからだ。

補章(余裕があるかたは読んでいただきたい。時間がないなら読み飛ばして構わない。)で、スキル学習における「理屈」について議論する。スキルの最も重要なエッセンス部分は言語化できない。従って実践によって体得する必要がある。しかしいきなり実践するのではなく、事前にそのスキルの理屈を知っておくことは極めて重要だ。理屈を知っておくと、習得するまでのスピードが格段に上がる。この講座を通じてそれぞれのスキルの理屈を知っておくことは、それだけ重要なのだ。

「目次」
はじめに
第1章 「スキル」とは?
能力の氷山モデルとスキルの位置付け/16のスキルを網羅的に学習する/「Myページ」の中の「Myキャリア」を使おう!
第2章 スキルの定義
知識とスキル/「狭義のスキル」と「広義のスキル」/知識とスキルの違いを明確にしておこう
第3章 16の重要なスキルとスキルの全体像
スキルの全体図/16のスキルの定義/私はどのスキルが弱いか?/なぜ「ディベート」がないのか?/ファシリテーションの方が格段に有効
第4章 スキルのプロファイリング
5段階でスキルを評価する/あなたのスキルのプロファイリング
第5章 この講座はスキルの「定着」を重視する
「定着」とは?/理解度チェック/終わりに
補章 研修やセミナーはリーダーシップ形成に役だっているか?
721の法則とは?/理屈を学ぶということ/リーダーシップ開発のドライバーは何か?

<< 講座へ戻る

Copyright © 2017 Skill Academy Inc. All Rights Reserved.