ビジネススキル(上級編)

第1部 ファシリテーションスキル(後半)~実践で使えばファシリテーションスキルは必ず伸びる~

著者:佐久間 陽一郎

「はじめに」
ファシリテーションスキルの前半で、このスキルの何たるかを概説した。サッパリ分からなかったというひとも、いるだろう。そういうひとでも、ここの演習「月で遭難したら」に取り組めば、必ずファシリテーションの意味や、その意義が分かるようになる。この演習は、そのようにデザインされているのだ。

ただこの演習、ひとりでやっても意味がない。ファシリテーションスキルの演習なのだから、必然的に複数名の協力者が必要だということはお分かりいただけよう。こういう協力者が見当たらないなら、この演習は飛ばすしかない。もしくは協力者がいるつもりで読み進めてもらうしかない。

演習ののち、まとめとしてファシリテーションの本質の議論をする。「集団浅慮」と「群衆の叡智」は紙一重なのだ。そして両者を分けるのが、ファシリテーションスキルの巧拙なのである。

まずは演習「月で遭難したら」からだ。大変おもしろい、興味湧くチャレンジになるはずだ。

「目次」
はじめに
第1章 ファシリテーション演習
宿題「月で遭難したら」/協力者数名が必要だ/より良いコンセンサスを得るためのガイドライン/結果を採点する/あなたのチームの評価は?/ふり返り
第2章 ファシリテーションの本質
ファシリテーションの巧拙が結果を左右する/チーム作業と個人作業/集団浅慮に陥らないために
第3章 あなたのファシリテーションスキルを伸ばす
目標は達成されたか?/あなたのファシリテーションスキルのレベルは?/ファシリテーションの参考文献3冊/ファシリテーションスキルを伸ばす「施策」は?/理解度チェックテスト/「第2部 コーチングスキル」へ向けた宿題

<< eブックへ戻る

 ページ上部に戻る

Copyright © 2017 Skill Academy Inc. All Rights Reserved.