ビジネススキル(中級編)

第3部 因果分析(前半) ~現場のリーダーに必須のスキル~

著者:佐久間 陽一郎

「はじめに」
論理的思考力の一部である因果分析がこの部のテーマだ。因果分析とは「因果関係を論理の飛躍なく示し、原因・解決策を明らかにする」こと。トヨタの「なぜなぜを5回繰り返せ」も因果分析の部類に入る。現場のリーダーには必須のスキルだ。

この部の目的は、あなたが実際の仕事で因果分析を使うようになることだ。そのつもりで読み進めていただきたい。前後半に分かれており、この前半では、因果分析がどのようなものかを学ぶ。そして後半では、因果分析をあなたの仕事の中でどのように使うか、具体的に考える。まずは前半だ。

因果分析で大切なことは二つ。一つはMECE(ミーシー)、二つに論理の飛躍がないことだ。両者ともすでに「第2部 論理的思考力(後半)」で学んでいる。

MECEは「モレなくダブリなく」のこと。原因を深掘りする際、MECEに原因を分解できると、議論を前に進めるやすい。論理の飛躍は、三段論法での議論と全く同じだ。原因を深掘りしていく中で、論理の飛躍は是非とも避けねばならない。
「目次」
はじめに
第1章 因果分析とは?
スキルの全体像の中での因果分析の位置づけ/因果分析の定義/因果分析とイシュー分析の違い/この部のゴール
第2章 因果分析におけるMECEの重要性
まず因果分析をやってみよう!/MECEか?MECEでないか?/MECEだと議論がスムーズに進む/MECEなら全て良しというわけではない
第3章 因果分析における論理の飛躍がないことの重要性
飛躍のある因果分析/原因に向かう因果分析と帰結に向かう因果分析/飛躍のない因果分析/飛躍がないならそれでいい、ということではない/トヨタの「なぜなぜ」は本当に因果分析か?/理解度チェックテスト/終わりに

<< eブックへ戻る

 ページ上部に戻る

Copyright © 2017 Skill Academy Inc. All Rights Reserved.