企業会計番外編

第1部 「オフィス北野」騒動から学ぶ本当の『会計用語』

著者:宇野 永紘

価格 ¥200(税別)

ログイン(新規登録)して購入

「はじめに」
「企業会計初級編」および「同上級編」に次いで、改めて筆を執る。「企業会計番外編」である。

前2シリーズでは、紙幅の関係から止む無く割愛せざるを得なかった事柄、言い忘れたこと、言い足りなかったこと、執筆完了後に読者から指摘を受けたことに対する私の補足などをまとめてみたい。どんなシリーズになるのか、私自身、今のところその方向感がはっきりしているわけでもない。どんな話になってしまうのか定かでない、いい加減な、言わば、「行き当たり、ばったり」のシリーズである。だからこそ、面白いのかもしれない。
でも、「企業会計」のキモはきちんと押さえてゆく積りだ。
「目次」
プロローグ
分かりずらい「会計用語」
「売上」とは「収益」の一部
「売上」を決める「実現主義」とは
「利益」とは何か
「費用収益の対応原則」とは
「工事進行基準」と「工事完成基準」
「オフィス北野」の収益認識基準?
では、本当のところはどうなのか?
エピローグ

価格 ¥200(税別)

ログイン(新規登録)して購入

<< eブックへ戻る

 ページ上部に戻る

Copyright © 2020 Skill Academy Inc. All Rights Reserved.